ホーム > 三面・事件 > 「ナジブ釈放」中国語のプラカード出現

「ナジブ釈放」中国語のプラカード出現

2018年07月14日 07:25 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ナジブ•ラザク前首相が4日に背任罪などで起訴されたが、裁判所前でナジブ被告釈放を訴える200人あまりの支持者の間で中国語のプラカードが登場し話題となっている。

 「釈放納吉(ナジブ釈放)」と書かれた中国語のプラカードを掲げたのはビジネスコンサルタント業のフィリップ・ローさんと友人たち。統一マレー国民組織(UMNO)支持者というわけでなくあくまで個人的な行動であり、ナジブ氏訴追の過程で民主主義や正義が行なわれていないと感じたからだという。

 ローさんは「普通のマレーシア人のために立ち上がった」と強調。「ナジブ氏は証拠なしに非人道的に逮捕された。ナジブ氏は選挙後に不当な嫌がらせを受けている。これが我々が望む新政府なのか?」と、現政権を批判した。その一方、中国語で書いたことについては「我々は母語で表現する自由がある」と説明した。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。