ホーム > 経済, 日本関係 > コマツ、UMWと建設・鉱山機械販売の合弁設立

コマツ、UMWと建設・鉱山機械販売の合弁設立

2018年07月04日 07:50 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 コマツ(本社・東京都港区)は2日、UMWコーポレーションとマレーシアにおける建設・鉱山機械販売の合弁会社を設立すると発表した。

 同日、コマツの大橋徹二社長とUMWのバドルル・フェイサル・アブドル・ラヒム社長兼最高経営責任者(CEO)が出席し、正式に契約を締結した。新会社にはUMWが74%し、UMWの子会社となる。コマツが残り26%を出資する。UMWはマレーシアの他に、シンガポール、ミャンマー、パプアニューギニア、ブルネイでも代理店事業を展開しており、これらも新会社の傘下に入る予定。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。