ホーム > 経済 > 業種別の最低賃金、近く導入へ=人的資源相

業種別の最低賃金、近く導入へ=人的資源相

2018年07月03日 20:49 JST配信

【クアラルンプール】 連邦政府は近く、現在実施されている全ての業種を対象とした一律の最低賃金制度に替えて、業種別の最低賃金制度を導入する方針を固めた。

 M.クラセガラン人的資源相は「マレーシアン・リザーブ」のインタビューに対し、業種別の最低賃金制度導入について産業界や関係各所との話し合いを経て、7月中旬をメドに閣議提案する予定だと言明。関連する各所には業種別の最低賃金制度を導入する意向を伝えているとし、農園や製造など業界ごとに異なる最低賃金が設定されることになると述べた。

 

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。