ホーム > 三面・事件 > モスクでミニスカ外国人がダンス、動画が波紋

モスクでミニスカ外国人がダンス、動画が波紋

2018年06月29日 07:21 JST配信

【コタキナバル】 サバ州コタキナバルのシティ・モスクのフェンスに上ってダンスを踊る外国人女性の動画がソーシャルメディアで拡散、批判の声が殺到している。これを受けて管理事務所は当面外国人の立ち入りを禁止すると発表した。シティ・モスクは毎日1千人あまりの観光客が訪れる観光名所となっていた。

問題の動画は約10秒ほどの長さで、目撃者が離れたところから撮影したとみられる。1メートルほどの低い壁に立ったミニスカートの女性2人が、モスクを背景に腰を振って踊っている様子が映っているほか、ダンスする女性をスマートフォンで撮影する別の女性の姿も映っている。

 モスク側は「神聖な場所で、不適切な服装でダンスを踊る行為は不謹慎」だとし、こうした行為には然るべき措置をとると警告。すでに自警団メンバーを増やしたほか、登録されたタクシーを除いてモスク周辺に観光客を連れてくる行為そのものを禁止とし、周辺に駐停車することも禁止にしたという。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。