ホーム > 経済, 日本関係 > UDトラックス、中型トラックの現地組立を開始

UDトラックス、中型トラックの現地組立を開始

2018年06月27日 07:09 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 UDトラックス(本社・埼玉県上尾市)は22日、マレーシアで中型トラック「クローナー」の現地組立生産(CKD)を開始したと発表した。「クローナー」の海外でのCKD生産はこれが初めて。

 現地組立は1978年からUDトラックスの輸入・卸売り販売を手掛けているタンチョン・インダストリアル・イクイプメントが担当する。これに合わせて450万リンギを追加投資した。

 タンチョンのUDトラックスの累計販売台数は4万5,000台。2016年からは150万リンギを投じて大型トラック「クエスター」のSKD生産を開始、現在はCKD生産へと移行している。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。