ホーム > 三面・事件 > 星—ジョホール間フェリーの新たな路線、数社が提案

星—ジョホール間フェリーの新たな路線、数社が提案

2018年06月23日 07:42 JST配信

【コタ・イスカンダル】 ジョホール州とシンガポールを結ぶ陸のルートであるコーズウェイ(連絡道)と第2リンクがすでに飽和状態となっていることから同州政府は新たなルート開拓を目指しており、いくつかの会社が新たな海路サービスを提案している模様だ。

 同州貿易・投資・公共評議会のジミー・プア議長(国政の閣僚に相当)によると、提案にはフェリーや水上タクシーが含まれている。フェリー航路の起点としては、ジョホール州側はパシルグダン、シンガポール側はチャンギが比定されており、同州政府が審査を行なってから連邦政府に申請する。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。