ホーム > 経済 > 最低賃金引き上げは生産性向上が条件=中小企業協会

最低賃金引き上げは生産性向上が条件=中小企業協会

2018年06月05日 16:13 JST配信

【クアラルンプール】 マレーシア中小企業(SME)協会のマイケル・カン会長は、希望同盟(PH)が公約していた最低賃金1,500リンギへの引き上げに言及し、受け入れの前提として生産性アップを伴う必要があるとの考えを示した。

 カン会長は「南洋商報」のインタビューに対し、生産性アップのために政府がSMEの生産自動化、従業員のスキルアップのための訓練などの支援を行なうべきだと主張。最低賃金だけ引き上げた場合、物価上昇を招きかねないとし指摘し、例として50人分の業務を自動化によって10人でこなせれば生産性をアップすることができ、最低賃金引き上げにも対応できるとした。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。