ホーム > 経済 > ペナン海底トンネル、通行料無料化を検討へ

ペナン海底トンネル、通行料無料化を検討へ

2018年05月19日 07:59 JST配信

【ジョージタウン】 9月に行なわれた総選挙で勝利した野党連合・希望同盟(PH)政権は、計画中のペナン海底トンネルの通行料金を無料にする方向で検討する見通しだ。PHはすでに、マニフェストの中で、ペナン大橋の通行料金を無料にすると宣言している。

 新州首相に就任したチョウ・コンヨウ氏は、ペナン交通マスタープラン(PTMP)などのプロジェクトの資金調達方法を見直すと言明。「連邦政府に支援の意向があるなら、代替的な資金調達のオプションを検討する」と述べた。当初の予定では、海底トンネルの料金は第2大橋の料金と同等にすることになっていた。

 事業を請け負うコンソーシアム・ゼニス・コンストラクションの幹部は、埋立地譲度によって支払いを行なう以外の資金調達方法も歓迎する考えを表明。すでにペナン大橋の無料化が言及されており、トンネルの無料化についても考慮に入っていると述べた。

(ザ・スター、5月14日)

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。