ホーム > 政治・外交 > ペナンのブックメーカー、州議選でPH勝利を予想

ペナンのブックメーカー、州議選でPH勝利を予想

2018年05月09日 07:53 JST配信

【ペナン】 9日に投開票が行なわれる総選挙の勝敗を巡る賭けを受け付けているブックメーカーによると、野党連合・希望同盟(PH)の危機が囁かれているペナン州議会選について、実際には与党連合・国民戦線(BN)に賭ける者はほとんどいないようだ。

 PH副総裁であるリム・グアンエン州首相(民主行動党=DAP書記長)は先ごろ、多くの者がPHが現有議席のうち8—12議席を失う方に賭けていると述べ、危機感をあらわにした。同州の定員は40で、PHの現有議席は29議席。10議席減らすと政権を失うことになる。

 しかしあるブックメーカーは「南洋商報」の取材に対し、「リム氏の発言を信じているブックメーカーはいない」と言明。実際にはDAP人気が圧倒的であり、それでは賭けにならないのでブックメーカーとしてはそうした状況を望んでいないと述べた。

 同ブックメーカーによると、実際に賭けが成立しているのは「BN構成党であるマレーシア華人協会(MCA)と人民運動党(ゲラカン)が合計2議席以上とれるかどうか」というレベルのものであり、倍率の低さ(掛金100リンギにつき配当額は80リンギ)からみても多くの人がBNが勝てるとは思っていないことが分かるという。

(ザ・サン、5月4日)

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。