ホーム > 日本関係 > JICAと馬日国際工科院、人材育成協力で新たな合意

JICAと馬日国際工科院、人材育成協力で新たな合意

2018年05月07日 07:10 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 国際協力機構(JICA)は2日、マレーシア工科大学(UTM)及びマレーシア日本国際工科院(MJIIT)との間で、人材育成協力に関する新たな合意を取り交わした。JICAの府川賢祐所長とUTMのワヒド・オマル副学長が出席した。

 期間は2018年7月から2023年7月の5年間。2011年の開校からJICAが行なってきた教育研究強化のための技術協力を継続し、マレーシア国内大学や民間企業との連携を一層推し進めることでMJIITの教育・研究能力を更に強化していくことを目的としている。将来的にはマレーシアを含む東南アジア諸国連合(ASEAN)の産業界に貢献する人材供給拠点となることを目指す。

関連カテゴリ: 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。