ホーム > 経済 > ウエストポーツ、ターミナル拡張に150億リンギ投資へ

ウエストポーツ、ターミナル拡張に150億リンギ投資へ

2018年04月25日 07:15 JST配信

【クアラルンプール】 ウエストポーツ・ホールディングスは2040年までにコンテナ取扱能力を3,000万TEU(20フィート標準コンテナ換算)まで倍増させる計画に100億ー150億リンギの投資を予定している。取扱能力を拡大することで大型コンテナ船に対応できるようにし、競争力を高めるのが狙いだ。

 ウエストポーツ・ホールディングス・グループのルーベン・エミル社長によると拡張プロジェクトは2019年の開始を予定しており、新たに貨物ターミナル10カ所を建設する。第1期の工事は2019年から2024年にかけて実施する。プロジェクト資金はスクーク(イスラム債券)の発行や社内調達資金などで賄う。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。