ホーム > 三面・事件 > 「太めの人はショーに来ないで」発言に批判殺到

「太めの人はショーに来ないで」発言に批判殺到

2018年04月26日 07:12 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシアの著名ファッション批評家がフェイスブック上で、「体重60キログラム以上の人はファッションショーに出席すべきでない」とコメント。各方面から批判に晒され、謝罪に追い込まれた。

 ファッションイベントから太めの人を排除すべきと趣旨のコメントを出したのはザイハニ・モハマド・ザインさん。ザイハニさんは批判を受けて「横に脚を広げて座っていた太めの男性がいたので、こうした行為は迷惑だというつもりだった」と釈明。太めの人を傷つけるつもりは無かったと謝罪した。

 ザイハニさんのコメントに対し、ぽっちゃり女優のシャニー・ヒシャムさんは「太めの人は家に居ろというの?不公平だわ」とコメント。デザイナーのカルビン・トー氏は、「何の権利があって太めの人を批判し、ショーに来ないようにいうのか?」と批判した。

 マレーシアは肥満率が域内で最も高く社会問題となっているが、一方でファッションの世界では不健康に痩せ過ぎるモデルを持て囃す風潮を是正する動きが強まっている。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。