ホーム > 経済, 日本関係 > タイガー商事が5周年、個人車両売買支援サイトを近く発足

タイガー商事が5周年、個人車両売買支援サイトを近く発足

2018年04月23日 20:46 JST配信

【スバン=マレーシアBIZナビ】 マレーシアの日系自動車サービス会社、タイガー商事は、顧客サービスの一環として5月中をメドに車両の個人売買支援サイト「フリマ・ハリマオ」を立ち上げる計画だ。6月初めの運用開始を目指す。

 フリーマーケット・アプリと同様な仕組みで、売買したい人がスマートフォンやパソコンからサイトに無料でアクセスできる。

 出品者と購入者でサイト上でやり取りをし、タイガー商事が検査などを行なって実車を確認。出品者と購入者が同意すれば商談成立し、代金受け渡しや名義変更などの手続きをタイガー商事がサポートした上で、タイガー商事で車両引き渡しを行なう。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。