ホーム > 三面・事件, 政治・外交 > 「ツインタワー」画像を削除?BNの小冊子に批判の声

「ツインタワー」画像を削除?BNの小冊子に批判の声

2018年04月14日 07:58 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 与党連合・国民戦線(BN)が発表したマニフェスト小冊子に掲載された写真から「ペトロナス・ツインタワー」の写真が削除されているのが分かり、敵対するマハティール•モハマド元首相の「過去の遺産」を消し去りたいとのBNの意向によるものとの憶測が広がっている。

 問題の写真は国家変革と若者の参加を推進する新政策「2050年国家変革政策(TN50)」の箇所に掲載されたもので、手前の噴水のある池には逆さになったツインタワーが映り込んでいるのだが、後方にあるはずの肝心のツインタワーは背景から消されている。ツインタワーはマハティール首相時代に建設されたもので、クアラルンプール新国際空港(KLIA)などと共にマハティール時代を象徴する建造物となっている。

 問題の修正写真はソーシャルネット上でたちまち拡散。「BNのやり方は幼稚」といった感想のほか、「マハティール氏憎さから国のシンボルまで亡き者扱いするのか」といった批判の声が上がっている。

 

関連カテゴリ: 三面・事件, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。