ホーム > 統計・調査 > 日本人のロングステイ希望先、マレーシアが12年連続1位に

日本人のロングステイ希望先、マレーシアが12年連続1位に

2018年04月04日 07:30 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 ロングステイ財団(事務局・東京都港区)は2日、2017年1月ー12月までに当財団が主催や後援したイベントの参加者を対象としたアンケート「ロングステイに関する意識調査」の回答をもとに「ロングステイ希望国・地域2017」を発表した。1位は12年連続でマレーシアが選ばれた。 

 ロングステイ財団の発表によると、長期滞在プログラム「マイ・セカンド・ホーム(MM2H)」制度の充実、気候、治安、医療水準に加え、ロングステイ希望国トップとしてのイメージの定着が引き続き評価されており、根強い人気がある。 

関連カテゴリ: 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。