ホーム > 政治・外交 > 総選挙実施日時、5月第1週の可能性=NST

総選挙実施日時、5月第1週の可能性=NST

2018年04月02日 20:29 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 下院及び州議会の選挙区改正案が3月28日に可決、国王が公布したことを受け、次期総選挙実施の環境が整った。これにより選挙実施日程に関心が移っているが、英字紙「ニュー・ストレーツ・タイムズ」は5月の第1週の実施可能性が高いとしている。

 下院任期は2018年6月24日までとなっており、それから2カ月内に総選挙を開催する必要がある。与党連合・国民戦線(BN)は4月7日にブキ・ジャリルの競技場で大会を開き、マニフェストを発表する予定。BNはこれまで選挙公示が行なわれた後にマニフェストを発表しており、それを勘案すると、4月7日以前に解散が発表されることになる。BNの戦略情報責任者のアブドル・ラーマン・ダーラン氏もマニフェスト発表前になると述べている。

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。