ホーム > 三面・事件 > ミス・マレーシア、代理人に騙され賞金持ち逃げさる

ミス・マレーシア、代理人に騙され賞金持ち逃げさる

2018年04月01日 12:57 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 昨年12月にマレーシアで開催された「ミス・アジア・ページェント」マレーシア予選で優勝した「ミス・マレーシア」が、代理人に騙されて賞金などを持ち逃げされるという出来事があった。

 被害に遭ったのはリオウ・シンニーさん(24)。主催者のマレーシア地区代理人と名乗る中国籍の男がリオウさんの「ミス・マレーシア」としての活動をサポートするということになった。男は活動費や準ミスの賞金を含む6万リンギの支払いを約束していたという。

 しかしその後、男は行方不明に。1万2,000リンギの賞金払われることなかった。リオウさんが手にしたのは副賞の電気釜などだけだったという。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。