ホーム > 統計・調査 > 民泊サイト、マレーシアの登録者は3万人超に

民泊サイト、マレーシアの登録者は3万人超に

2018年03月23日 07:43 JST配信

【ペタリンジャヤ】 最大の民泊サイト、エアービーアンドビー(Airbnb)の登録者がマレーシアで3万1,900人に上っていることが分かった。英字紙「ザ・スター」が報じた。登録者1人当たりの平均収入は年間4,725リンギとなっている。

 2017年には、クアラルンプール(KL)で50万7,000人がAirbnbを利用。前年比で135%の大幅増となった。Airbnbに登録している不動産オーナーの中には、不動産だぶつきのために家賃相場が下がっている長期賃貸に比べて賃貸収入が大きく増加した者も多い。短期賃貸だと清掃・修繕コストが安くて済む利点もあるという。

関連カテゴリ: 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。