ホーム > 三面・事件 > 大量の新聞窃盗事件、ペナンで相次ぐ

大量の新聞窃盗事件、ペナンで相次ぐ

2018年03月17日 07:59 JST配信

【ジョージタウン】 ペナン島で最近配送された大量の新聞が盗まれる事件が相次いでおり、新聞配達業者らが警察に対策を求めている。

 69社が加盟しているペナン新聞販売業者協会(Penba)によると、3月3日以来、盗まれた新聞は累計1万部にも上っているという。背景には古紙価格の上昇があるとみられる。以前は1キログラム当たり40センだったが、今は80センに上昇している。

 印刷所からキオスクなどの小売店に配送された新聞の束を持ち去るというもので、人気のない午前4時から5時にかけて7カ所で発生した。盗まれた新聞は英字紙や華字紙、マレー語紙など7紙が被害に遭っているという。各所の防犯カメラには、新聞の束を盗んでいく男の姿が映っていた。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。