ホーム > 三面・事件 > KL発の航空機内で男が素っ裸に、ダッカ空港で逮捕

KL発の航空機内で男が素っ裸に、ダッカ空港で逮捕

2018年03月10日 07:49 JST配信

【ペタリンジャヤ=マレーシアBIZナビ】 3日にクアラルンプール(KL)からバングラデシュに向かっていたマリンド航空機内である男性乗客が素っ裸になったとして、到着したダッカ航空で逮捕された。

 航空会社によると、逮捕されたのはサイバージャヤにある私立大学に通う20歳のバングラデシュ人男子学生。目撃者によると、他の乗客の目を気にすることもなく、持参したノートパソコンでポルノ動画をみながら裸になって自慰行為を行なっていたという。男は裸でトイレに行き来し座席で排尿したりといった異常な行動が見られた。

 客室乗務員に服を着るように求められると男が逆上して客室乗務員に襲いかかったため、他の乗客らが加勢して男を取り押さえた。

 ネット上では、乗客が撮影した画像が拡散。各方面に衝撃を与えている。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。