ホーム > 三面・事件 > 野生ゾウが中学校食堂に進入、動画が波紋

野生ゾウが中学校食堂に進入、動画が波紋

2018年03月09日 07:47 JST配信

【コタキナバル=マレーシアBIZナビ】 サバ州中部テルピッドで1日早朝、野生のゾウが中学校の校舎に入り込む事件が発生。寄宿舎の食堂内をのし歩く様子を撮影した動画がソーシャルネットで拡散し、人々の間に波紋を広がっている。

 当時現場には警備員しかおらず、けが人などはなかった。ゾウはエサを探している様子だったという。

 テルピッドでは以前から20頭あまりのゾウの群れが人家の近くに出没しており、農園が荒らされる事件も起きている。

 サバ州野生動物局は攻撃的なゾウを捕獲して遠隔地の森林に強制移動させる活動を行なっているが、いたちごっことなっている。

 2月28日には、約10頭のゾウの群れがフェンスを壊して警察署内に進入し、警察官らが命からがら逃げ出す事件が起きたばかりだった。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。