ホーム > 社会・生活, 観光・イベント > 世界初「モノポリー」テーマのホテル、KLに建設

世界初「モノポリー」テーマのホテル、KLに建設

2018年03月05日 07:56 JST配信

【クアラルンプール】 不動産デベロッパーのM101ホールディングスは、米玩具メーカーのハズブロと提携し、世界初となるボードゲーム「モノポリー」をテーマにしたホテルをマクアラルンプール(KL)に建設する。1日、両社がライセンス契約を締結した。

 ホテルの名称は「モノポリー・マンション・バイ・シロッコ」で、部屋数は255室。子会社のシロッコ・ホスピタリティ・グループが運営を手掛ける。屋上プールやスカイラウンジ、ボールルーム、スパなどの施設が併設される。5つ星クラスになる見込み。

 ブキ・ビンタン地区ジャラン・ババで進められている複合開発、M101ブキ・ビンタン(総開発費2億8,000万リンギ、敷地面積0.57エーカー)プロジェクトの一部。

関連カテゴリ: 社会・生活, 観光・イベント

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。