ホーム > 三面・事件 > ハンドルの隙間に首、抜け出せないヤギを救出

ハンドルの隙間に首、抜け出せないヤギを救出

2018年03月03日 07:00 JST配信

【クアラ・ピラー】 ネグリ・センビラン州クアラ・ピラーにあるカンポン・ゲンタムで22日、ヤギが乗用車の中に入り込んでハンドルから頭が抜け出せなくなっているのを発見され、民間防衛局が呼ばれる騒ぎがあった。

 乗用車は50代の女性のもので、仕事に行くために乗用車のドアを開けておいたところ、放し飼いされているヤギが入り込んだ。女性が発見した際には、ヤギは頭をハンドルの隙間に突っ込んだまま角がつっかえて抜け出せなくなっており、午後3時40分ごろ知らせを受けた民間防衛局が駆けつけて救出したという。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。