ホーム > 経済 > エアアジア、サラワク州に格安専用ターミナル建設を計画

エアアジア、サラワク州に格安専用ターミナル建設を計画

2018年02月27日 07:32 JST配信

【クアラルンプール】 格安航空会社エアアジアはサラワク州において格安航空会社専用ターミナル(LCCT)建設を計画している。投資額はおよそ2億から3億リンギ。

 トニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)によると、LCCT建設予定地の立地によりコストは変更する可能性があるが、サラワク州政府からの承認を得次第プロジェクトを始動させる。LCCTを開設することで航空運賃の値下げや新路線の就航も期待できるという。また、エアアジアはLCCT建設を通じてサラワク州を域内の格安航空会社のハブとする計画だ。

 

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。