ホーム > 経済, 日本関係 > 明電舎、ジョホール州に営業拠点設置

明電舎、ジョホール州に営業拠点設置

2018年02月02日 20:59 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 明電舎(本社・東京都品川区)は1日、マレーシア子会社の明電マレーシアがジョホール州に営業所を開設したと発表した。同日から営業活動を開始した。

 営業所の所在地はジョホールバルのペルマス・ジャヤ。ジョホール州には首都クアラルンプール周辺地域に次いで多くの日系企業が進出しており、今後も日系顧客による変電設備への新設・保守点検・更新需要が見込まれている。

 明電舎は声明の中で、日系企業が集積する同地域において顧客へのきめ細かな営業・サービスを行ない、変電機器を中心とした設備の新設・保守点検・更新工事の受注獲得を目指すとしている。 

 明電舎は1973年にマレーシアに進出後、電気工事・技術コンサルティング及びアフターサービスを中心に事業展開してきた。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。