ホーム > 三面・事件 > 運転手同士のトラブル、ローリーに轢かれる動画が流出

運転手同士のトラブル、ローリーに轢かれる動画が流出

2018年02月02日 07:45 JST配信

【セガマット=マレーシアBIZナビ】 運転マナーを巡るトラブルが絶えないマレーシアだが、先ごろジョホール州セガマットでタンクローリーの運転手と2人乗りのバイクが諍いを起こした挙げ句、バイクの同乗者がローリーに轢かれる事件が発生。この様子を後方を走っていた乗用車のドライブレコーダーが撮影、動画がネット上に流失し人々にショックを与えている。

 事件が発生したのは1月22日午後1時半ごろで、場所はジャラン・セレンバンーセガマット。最初はバイクがローリーと並走し、後部に乗った男性とローリー運転手が激しく口論を交わしている様子が映っている。やがてローリーの速度が落ちたところで、男性がバイクから飛び降りて、ローリーのドアに取り付いて開けようとしたところ転倒。そのまま脚部をローリーに轢かれて路上に転がる様子で終わっている。

 警察によると、男性は病院に運ばれたが重傷。ローリーに警笛を鳴らされたことに腹をたてたバイクの2人組と口論になったらしい。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。