ホーム > 三面・事件 > スカーフなしの女性を平手打ち、拡散動画が波紋

スカーフなしの女性を平手打ち、拡散動画が波紋

2018年01月28日 12:33 JST配信

【セベラン・プライ=マレーシアBIZナビ】 ヘッドスカーフを着用していない女性を公共の面前で平手打ちする男の動画がソーシャルメディアで拡散、波紋を呼んでいる。

 撮影された場所はペナン州セバラン・プライのタマン・ペルウィラ。バス停のイスに座っている髪の長い若い女性の前に男が仁王立ちになって信教について尋ね、服装について詰問。女性が男を無視して携帯電話を触っていると、激高した男が平手打ちを食らわせる様子が映っている。驚いた女性は飛び上がって男ににじり寄るが、周囲にいた人が割って入ったところで動画は終わっている。

 平手打ちを受けたのはインドネシア人の24歳女性で、事件後に警察に被害届を提出した。警察によると、事件が発生したのは1月6日午後12時半ごろで、女性の証言によると、男は「ヘッドスカーフを着用していない女性を見るのが嫌いだ」と話していたという。

 男は21日夜に逮捕されたが、精神疾患を患っているとみられている。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。