ホーム > 経済, 統計・調査 > 2017年の自動車販売、0.6%マイナス=MAA

2017年の自動車販売、0.6%マイナス=MAA

2018年01月24日 16:43 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア自動車協会(MAA)は23日、2017年通年の自動車販売台数が57万6,635台にとどまり、前年比0.6%のマイナスとなったことを明らかにした。 

 自動車販売台数の対前年比減少は前年に続いて2年連続。乗用車は51万4,679台で0.02%の微増となったが、商用車は5.4%マイナスの6万1,956台にとどまった。インフレ圧力が消費者の可処分所得に影響。消費に対して慎重にさせた。商用車販売についてはビジネスコストの増大、リンギ安、選挙前の模様眺めなどが影響した年初5カ月は前年を上回る勢いだったが、その後は失速。特に8月以降は横ばいもしくはマイナスとなった。 

 車種別では多目的車(MPV)が30.4%の大幅増となった一方、乗用車は3.2%、四輪駆動車/SUVは5.7%、窓付きバンは29.9%のそれぞれ減少となった。商用車ではパネルバンが44.1%増、プライムムーバが11.3%増となったものの、その他の車種はマイナスとなった。 

関連カテゴリ: 経済, 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。