ホーム > 経済, 日本関係 > ダイハツ系プロドゥア、昨年の自動車販売が1%減に

ダイハツ系プロドゥア、昨年の自動車販売が1%減に

2018年01月19日 16:39 JST配信

【ペタリンジャヤ=マレーシアBIZナビ】 ダイハツ系のプルサハアン・オトモビル・クドゥア(プロドゥア)は19日、2017年通年の販売台数が前年比1%減の20万4,900台にとどまったことを明らかにした。

 厳しい市況、競争激化、自動車ローン審査厳格化が影響。当初の目標である20万2,000台はクリアしたが、2016年の販売台数20万7,100台には及ばなかった。

 マレーシアの全自動車販売台数も57万8,000万台へと0.7%減になったとみられることから、同社の推定シェアは35.6%で前年比0.1ポイントダウンにとどまった。国内シェアトップは12年連続。生産台数は販売減を受けて20万146台にとどまり、前年比6%マイナスとなった。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。