ホーム > 三面・事件 > フェデラル高速無料化、未撤去の料金所で事故多発

フェデラル高速無料化、未撤去の料金所で事故多発

2018年01月22日 07:59 JST配信

【シャアラム】 フェデラル・ハイウェイが1月1日付けで無料化されたが、料金所自体はまだ撤去されないまま残されており、スピードを出したまま進入した乗用車が料金所に衝突したりする事故が頻発。死亡事故も起きている。

 高速道路は料金所の前後で急に車線が拡大したり縮小したりするが、減速せずに料金所に接近する車が狭いゲートに接触したり、車線を巡って他の車と接触するケースが増えている。

 15日早朝には料金所に乗用車が衝突。初の死者が出た。この事故では同乗した女性が死亡、運転手も重傷を負った。

 無料化されたことで他のルートを使っていた車がフェデラルハイウェイに集中する傾向も目立っており、交通量自体が30—40%増加している。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。