ホーム > 三面・事件 > ビザ無し渡航可能ランク、マレーシアはアジア4位

ビザ無し渡航可能ランク、マレーシアはアジア4位

2018年01月19日 07:56 JST配信

【ペタリンジャヤ】 カナダのコンサルタント会社、アートン・キャピタルが実施した最新のパスポートの有効性に関する調査「2018ヘンリー・パスポート・インデックス」で、マレーシアはアジア4位にランクされた。

 同調査は199カ国・地域を対象に、ビザ無しで渡航できる国の数を比較したもの。マレーシアは166カ国に渡航可能で、アジアでは昨年に続いてシンガポール(176カ国)、日本(175カ国)、韓国(173カ国)に次いで多かった。マレーシアは世界全体では12位となり、前年の13位から1ランクアップした。

 全体トップはドイツ(177カ国)で、2位はシンガポール(176カ国)。3位タイには日本のほか、英国やフランス、デンマークなど7カ国が入った。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。