ホーム > 経済, 日本関係 > エイジア、金融・政府機関向けメール配信サービスを開始へ

エイジア、金融・政府機関向けメール配信サービスを開始へ

2018年01月16日 07:44 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 メールマーケティングシステムを提供するエイジア(本社・東京都品川区)は11日、マレーシア子会社のエイジア・マーケティング・マレーシアとデータ・コーハーツがマレーシアの金融機関向けメール配信サービスの共同提供に向けて戦略的パートナーシップを締結したと発表した。

 マレーシア金融機関を主要顧客に抱えるデータ・コーハーツをパートナーに迎え、マレーシア個人情報保護法に対応した金融・政府機関向けメール配信サービスを3月に開始する。

 両社が提供する新しいサービスは、従来よりも厳重な個人情報管理を実現する、金融機関および政府機関向けトランザクションメール配信サービス。エイジアは、「マレーシア個人情報保護法 (PDPA) およびデータ格納に関する法規に則っているため、顧客企業はセンシティブなeステートメント、電子契約書、文書などのメール送信における法令の順守、送信効率の改善ひいてはコスト削減を容易に実現することができる」としている。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。