ホーム > 経済 > 今年は5万人以上が解雇に、経営者連盟が予想

今年は5万人以上が解雇に、経営者連盟が予想

2018年01月05日 15:35 JST配信

【ペタリンジャヤ】 マレーシア経営者連盟(MEF)のシャムスディン・バルダン専務理事は今年、5万人以上のマレーシア人が解雇されるとの見通しを示した。セクター別では製造業や保険、銀行、小売、建設セクターでの解雇が予想されるという。

 雇用市場の状況は依然として厳しく、外国人労働者雇用にかかかる人頭税の雇用主の負担義務化や、雇用保険制度(EIS)導入などビジネスコストの上昇に繋がる要因が多くある。7月に予定されている最低賃金の見直しも労働市場に影響を及ぼすと予想されている。

 2015年の解雇者数は3万8,499人、2016年は3万7,699人だった。昨年9月の時点での解雇者数は3万700人に上っている。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。