ホーム > 三面・事件 > インドで立ち往生の女性、マリンドエアが支援

インドで立ち往生の女性、マリンドエアが支援

2017年12月15日 07:27 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 インドでオーバーステイして帰れなくなったインド系マレーシア人女性のためにマリンド・エアが支援に乗り出し話題となっている。

 帰れなくなったのはデワ・スリヤさん(37)と息子で、マリンド・エアを利用して夫の実家のあるトリチに渡航していたが、義母の虐待に堪え兼ねてマレーシアへの帰国を決意。しかし17日間のオーバーステイが発覚したため空港で出国が差し止められた。

 このため購入済みの航空券は無効となり、加えてインド出入国管理局から罰金2,000ルピー(126リンギ)を科されたためお金が足りなくなって帰国できなくなっていた。

 危急を訴えるデワ・スリヤさんの動画メッセージはネット上で拡散。

これを受けたマリンド・エアが支援を申し出た。同航空は「人道的な理由で支援することを決めた」と説明。インド国内の移動経費や宿泊費なども支援すると表明した。

 デワ・スリヤさんは8日、無事に帰国した。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。