ホーム > 経済, 日本関係 > 業務用食品のトーホー、シマヤトレーディングを子会社化

業務用食品のトーホー、シマヤトレーディングを子会社化

2017年11月29日 16:23 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 業務用食品のトーホー(本社・兵庫県神戸市)は27日、クアラルンプールで業務用食品卸売事業を営むシマヤ・トレーディング(シマヤマレーシア)の全株式を取得し、子会社化することを決定したと発表した。同時にシンガポールのシマヤ・トレーディング(シマヤシンガポール)の全株式を取得する。 

 トーホーグループは、当期を最終年度とする第六次中期経営計画において、「コア事業強化の為の事業基盤の拡大」「M&A戦略の更なる加速」などを重点施策とし、国内外における業務用食品卸売事業のシェア拡大を推進している。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。