ホーム > 経済 > ハラルジャパン推進機構とJAKIM、共同事業推進へ

ハラルジャパン推進機構とJAKIM、共同事業推進へ

2017年11月22日 07:03 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 一般社団法人ハラルジャパン推進機構(HJC)は20日、ペルリス州の皇太子である、トゥアンク・サイド・ファイズディン殿下の支援のもと、イスラム開発局(JAKIM)とともに、 ハラル(イスラムの戒律に則った)認証やハラルに関する正しい認識を日本に普及させるための共同事業を開始したと発表した。 

 11月16日に帝国ホテルにおいて、サイド・ファイズディン殿下臨席の下で調印式が行われた。共同事業としては、JAKIM認定のハラルセミナー講座や検査ラボの開設、 JAKIMによるハラル認証申請に関するコンサルティング、ハラル商品に関する貿易サポートを実施する。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。