ホーム > 社会・生活, 経済 > 社会会計表を初めて公表、「若者は消費好き」

社会会計表を初めて公表、「若者は消費好き」

2017年11月21日 20:00 JST配信

【プトラジャヤ】 統計局は20日、社会会計表を公表した。2009年から内部資料として5年に2回のペースでまとめてきたが、今回が初の公表となる。次回公表は16年統計を19年に公表する。

 社会会計は一国の経済活動の循環過程や相互関係などを、企業会計と同様な手法で包括的に記録したもの。今回は14年のマレーシアの経済活動についてまとめた。 14年の世帯収入は計6,388億リンギで、給与所得と、法人化されていない事業体の利益が計4,616億リンギと多くを占めた。

 貯蓄は世帯収入の0.9%に相当する60億リンギにとどまった。モハメド・ウジル氏は「高年世代は貯蓄を消費より優先したが、若い世代は消費が好きで、収入を得る前にローンで新車を買ったり、スマホを買い替えたりする」と述べた。

関連カテゴリ: 社会・生活, 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。