ホーム > 経済, 日本関係 > ホンダマレーシア、新型「シビックTYPE R」発表

ホンダマレーシア、新型「シビックTYPE R」発表

2017年11月13日 20:47 JST配信

【セルダン】 ホンダ・マレーシアは9日、5代目となるCセグメント・スポーツ・ハッチバック車「シビックTYPE R(タイプアール)」を発表した。

 英国で製造した完成車(CBU)輸入で、価格は32万リンギ。車体カラーはホワイトのみ。10月から受付開始した予約は予想の30台の二倍の60台に達した。年内に30—40台の販売、来年通年では100台の販売を見込んでいる。

 開発当初よりプラットフォームを新開発。ボディーの軽量化、低重心化などにより走行安定性を高めた。シャシーはリアのサスペンションをマルチリンク式に変更し、フロントサスペンションにはデュアルアクシス・ストラット式を採用した。

 

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。