ホーム > 統計・調査 > 採用プロセス、「8週間以上なら就職拒否」が37%

採用プロセス、「8週間以上なら就職拒否」が37%

2017年11月11日 07:51 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 人材サービスのランスタッドが9月にマレーシア、シンガポール、香港の3カ国・地域を対象に実施した調査で、89%が「採用決定までの審査手続きが4週間以上かかるならば拒否する」と回答したことが分かった。

 マレーシアは「8週間以上かかるならば拒否」が37%、「6—8週間かかるならば拒否」は23%、「4—6週間・・・」は26%だった。「2—4週間・・・」という忍耐力のない者も14%に上った。

 一方、求職者が理想的だと思う採用決定までの期間については、「8週間以上」はゼロ。「6—8週間」もわずか3%で、「4—6週間」は15%だった。「2—4週間」は82%にも上った。

関連カテゴリ: 統計・調査

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。