ホーム > 三面・事件 > 航空会社への苦情、3ー8月は92%増の677件

航空会社への苦情、3ー8月は92%増の677件

2017年10月19日 07:17 JST配信

クアラルンプール】マレーシア航空委員会(Mavcom)は16日、3月ー8月の6カ月間に受理した、航空会社に対する苦情は677件で、前年同期比92%の増加だったと発表した。

アブドラ・アハマド委員長は「苦情が増えたのは、利用者の権利意識が高まった結果」と述べた。

 Mavcomは昨年3月1日に業務を開始した、民間航空サービスの商業面を監督する機関。苦情件数は100万人の旅客に対し17件の割合だった。

 最も苦情が多かったのはマレーシア航空で、マリンド航空、エアアジアが続いた。マレーシア航空、マリンドに対する苦情は2倍強の増加で、エアアジアに対する苦情は9.8%減だった。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。