ホーム > 三面・事件 > 野鳥が突然「ありがとう」と発声、ネットで話題に

野鳥が突然「ありがとう」と発声、ネットで話題に

2017年10月14日 07:23 JST配信

【マラッカ】 マラッカで住民から毎日エサをもらっていた野鳥が突然、マレー語で「ありがとう」との言葉を発したとして話題となっている。話す様子を映した83秒の動画がソーシャルネットで紹介され、あっという間に拡散した。

動画には市街地によくいる九官鳥によく似た野鳥、インドハッカが御飯が盛られた皿の横にとまり、住民の誘い声にあわせて「テリマ・カシ・バヤク」(どうもありがとう)と繰り返し話す様子が映っている。動画のキャプションによると、昼食やティータイムの時間に住宅を訪れてエサを貰っていた鳥が突然話し出したという。

専門家によると、九官鳥のように言葉を話すように訓練することができる。動画の鳥は、かつてペットだったものが逃げ出したものではないかという。飼われていた時に言葉を覚えたと考えられるという。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。