ホーム > 経済, 政治・外交 > 国土交通省、マレーシアなどと水路測量調査事業で合意

国土交通省、マレーシアなどと水路測量調査事業で合意

2017年10月10日 07:46 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 日本の国土交通省は、コタキナバルにおいて2日、マラッカ・シンガポール海峡における共同水路測量調査事業の実施に関してマレーシア、インドネシア、シンガポールの沿岸3カ国との間で合意文書の署名式を行ったと明らかにした。

 合意により、日・東南アジア諸国連合(ASEAN) 統合基金(JAIF)を 活用した4年間のプロジェクトが本格的にスタートする。同プロジェクトにより、日本の輸入原油の8割が通航する国際海峡において、日本の資金と技術の活用による航行安全の向上と海上貿易の安定が期待されている。

関連カテゴリ: 経済, 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。