ホーム > 経済, 日本関係 > 三菱UFJフィナンシャル、CIMBの全株式を売却

三菱UFJフィナンシャル、CIMBの全株式を売却

2017年09月21日 08:30 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は20日、CIMBグループの持ち株を全て売却したと発表した。MUFGが売却したのは4億1,250万6,345株で、売却価格は約680億円。

MUFGによると、今回株式を売却するCIMBとは、1974年にMUFGの前身である旧三和銀行がCIMBの前身銀行の一つに出資して以来、40年以上に亘って強固な関係を構築してきた。MUFG および同行を取り巻く環境変化を踏まえた慎重な検討を重ねた結果、株式を売却する結論に至った。MUFGはCIMBとは幅広い分野において協働しており、

東南アジア諸国連合(ASEAN)地域における重要な提携パートナーの一行という位置付けは変わらないと強調した。

関連カテゴリ: 経済, 日本関係

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。