ホーム > 三面・事件 > 人気の印レストラン取り壊し、支援者の抗議活動で延期に

人気の印レストラン取り壊し、支援者の抗議活動で延期に

2017年09月02日 07:21 JST配信

【クラン=マレーシア BIZナビ】 当局から立ち退きを迫られていたセランゴール州クランにある人気インドレストラン「バークレー・コーナー」で28日朝、抗議する常連客や支援者ら100人余りが強制執行を妨害する騒ぎがあった。

「バークレー・コーナー」の店舗は臨時のリース土地にあるが、2007年からライセンス更新でセランゴール州政府と対立。当局は2014年、レンタル契約の更新しないことを決定。レストランの取り壊しが一旦は決定したが、地元議員の介入により取り壊し計画は白紙に戻っていた。レストランのオーナーは、裁判所に決定差し止めを請求していた。

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。