ホーム > 経済 > ペトロナスが増収増益、上半期は純利が4倍に

ペトロナスが増収増益、上半期は純利が4倍に

2017年08月29日 07:03 JST配信

【クアラルンプール】 国営石油会社、ペトロリアム・ナショナル(ペトロナス)は、第2四半期(4—6月期)の純利益が4倍の70億リンギに拡大したと発表した。

原油安の中で実施したコストカットが奏功。石油製品価格の回復により大幅増益となった。第2四半期の売り上げは516億リンギで、前年同期比10%増となった。利払い・税引き・償却前利益(EBITDA)は206億リンギで、15.7%増となった。資本支出はコストカットのため32.4%減の94億リンギだった。

上半期(1—6月期)の売り上げは15.4%増の1,081億リンギで、純利益は160%増の173億リンギ。EBITDAは452億リンギで、34.5%増加した。6月末時点の総資産額は5,966億リンギに減少した。資本支出は15.5%減の213億リンギ。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。