ホーム > 経済 > 損保の上半期の保険料収入は2%減、海上部門が低迷

損保の上半期の保険料収入は2%減、海上部門が低迷

2017年08月31日 07:45 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア損害保険協会(PIAM)によると、上半期の保険料収入は91億7,000万リンギで、前年同期比1.9%の減少だった。主力である自動車保険と火災保険の保険料収入はそれぞれ1.8%増の42億リンギ、2.4%増の18億リンギと堅調だったが、海上保険部門が13.2%減の8億2,000万リンギと低迷した。

個人傷害保険は12.5%減の約6億リンギ、医療保険は7.1%増の6億2,800万リンギ。労災を含むその他の保険部門は9.7%減の11億3,000万リンギだった。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。