ホーム > 経済 > 「資金繰り問題あった」中小企業の43%=華人商工会

「資金繰り問題あった」中小企業の43%=華人商工会

2017年08月30日 07:45 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 マレーシア華人商工会議所(中華工商聯合会、ACCCIM)が実施した最新の中小企業(SME)調査で、過去3年間で資金繰りの問題に直面したことがあると答えた企業が43%に上った。

同調査は2017年4月28日から6月30日にかけて中小企業の会員企業1,100社に質問状を送付し、808社から回答を得た。資金繰りの問題に直面したと答えた比率をセクター別でみると、専門サービスは28%と低めだったが、飲食業は59%、建設業は53%、旅行・レジャー・娯楽は50%と高かった。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。