ホーム > 三面・事件 > テーマパークの「女神のような彫像」撤去に追い込まれる

テーマパークの「女神のような彫像」撤去に追い込まれる

2017年08月18日 16:29 JST配信

【クリム=マレーシア BIZナビ】 ケダ州クリムにある民間のテーマパークで、「女 神のような彫像」がクリム地区政府によって撤去に追い込まれた。偶像崇拝はイスラ ムでは禁じられており、ムスリム感情に配慮したものとみられるが、公的施設でもな いのに公的機関が介入する偶像崇拝を排除するのはおかしいとの批判の声が上がっている。 問題の彫像が置かれていたのはECK 社が開発したタマン MBI デサル にあるテーマパークで、トランス フォーマー、白雪姫、スパイダーマン などの映画のキャラクターの彫像が 置かれている。地区政府は8月1日、 翼のある女性の彫像 2 体の撤去を命 令した。 

関連カテゴリ: 三面・事件

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。