ホーム > 経済 > 証取の新市場を開所、11社が上場を計画

証取の新市場を開所、11社が上場を計画

2017年07月27日 16:58 JST配信

【クアラルンプール】 ブルサ・マレーシア(マレーシア証券取引所)は25日、マレーシア株を紹介する恒例の海外投資家向け「インベスト・マレーシア・クアラルンプール」で、中小企業向け市場のLEAP(有力起業家促進プラットフォーム)の開所式をナジブ・ラザク首相出席の下、開催した。

メーンボード、ACEに続く3つ目の市場で、中小企業に資金調達の場を提供する。投資にはほかの2つの市場の銘柄よりリスクを伴うため、株投資に習熟した認定投資家、金融資産が豊富な資産家のみ株を購入できる。

クラウダロン、アグロフレッシュ・インターナショナル、ポリマー・リンクなど11社が上場を計画しており、上場アドバイザーを指名した。

関連カテゴリ: 経済

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。