ホーム > 政治・外交 > 野党連合が役員人事発表、アンワル氏を指導者に

野党連合が役員人事発表、アンワル氏を指導者に

2017年07月17日 20:47 JST配信

【クアラルンプール=マレーシアBIZナビ】 団体登録を申請中の野党連合・希望同盟(PH)は13日、構成党トップ会議を開催。同性愛罪で収監中のアンワル イブラヒム元副首相(人民正義党=PKR顧問)を実質的指導者、マハティール モハマド元首相(統一プリブミ党=PPBM議長)を議長とするトップ人事を明らかにした。

PHは次期総選挙で勝った場合にアンワル氏を首相として擁立する方針を確認した。ただ収監中のアンワル氏はこのままでは次期総選挙に出馬できないため同氏の恩赦を働きかけていくが、実現できるかは不透明。PHはこのほか、赤字に「ハラパン」(希望)と書かれたPHのロゴを発表した。

関連カテゴリ: 政治・外交

このサイトに掲載されている記事はアジアインフォネットが提供しております。